イノベーションの参考になる企業事例

オフィスで議論をする

本ブログで紹介した事例についてまとめました。

他社事例を自社に取り込むための方法については、下記の記事に解説しています

外部のセミナー、勉強会を活用する際のポイント:二種類に分けて考え、事例を取り込む
多くの企業で外部の勉強会やセミナーに、社員を派遣したり、 あるいはオンラインで受講してもらっていることかと思います。 しかし、思ったほどの効果が出なかったり、 どのようなセミナーを受講すればよいのか、 当事者あるいは派遣元(研修部門...

 

Airbnb(エアビーアンドビー)とクロネコヤマトについての対応

イノベーションによる創造的破壊:Airbnb(エアビーアンドビー)の事例
新規事業やイノベーションを創造するに当たり、 「市場の未決の課題」から、出発することが重要であると 多くの方が考えていると思います。 市場の未決の課題が明確になれば、悩んでいる顧客に対して、 解決策を提示することにつながり、 顧客...

ウーバーが、タクシー業界に与えたインパクトと対応

創造的破壊となるイノベーション:ウーバーの事例
近年、創造的破壊となるイノベーションの事例が増えています。 その背景には、 技術の進歩のスピードが以前と比べても速くなっていることが挙げられます。 このことは多くのビジネスパーソンが実感されているところではないでしょうか。 また、I...

老舗菓子舗「虎屋」が行う、時代に合わせた羊羹の味の変化の事例。

イノベーションの必要性:「赤の女王仮説」から見える「生き残るためのイノベーション」
既存事業で安定的な成長を持続している企業の場合、 新規事業やイノベーションの経営的な重要度が低いことがあります。 新規事業やイノベーションは、 成功確率が低いため、あえて挑戦する必要はないという考えからです。 しかし、企業の持続的な...

ハードディスクドライブの業界で起きた顧客価値変化の失敗事例 顧客価値変化にどう対応するか

「イノベーションのジレンマ」を避ける方法
イノベーションというと、「ジレンマ」と連想する方も多いかもしれません。 それほど、クレイトン・クリステンセン教授の「イノベーションのジレンマ」は浸透しました。 日本でも書籍は大ベストセラーとなり、一時期バズワードとして扱われました。 ...

製品ライフサイクルについて、製品の普及率の事例としての「Pokemon GO」

事業スピードと製品・事業寿命の観点からの戦略:「ポケモンGO」のシャークフィン
近年、製品やサービスのライフサイクルが短くなる傾向があります。 この傾向は、業界を問わず広がっているため、 戦略策定の際に前提条件として意識していく必要があります。 今回の結論としましては、 製品ライフサイクルの短命化に対応するため...

IoTの成功事例としてのコマツの「KOMTRAX」について

「IoT」でのイノベーション事例:コマツの「KOMTRAX」
新規事業やイノベーションの分野で、 数年前から、「IoT」がひとつのバズワードとなっています。 「IoT」は、様々な業界や分野で応用ができるため、 発想が広がりやすく、自社の事業にも取り入れた場合に 大きく業界構造を変える可能性があ...

文房具業界で、次々と「新しい価値」の製品開発が進んでいる事例

「市場の未決の課題」を見つける:文房具業界の事例
B2Cの業界では、新製品として、 新しいものを開発し市場に出すことが命題となっています。 今回、文房具の業界の新製品の取り組みについてご紹介いたします。 文房具業界というと、かつてはロングセラーの事務用品を中心に、 安定した製品供給...

富士フイルムとコダックについて、環境変化への適応の視点から

企業が生き残る要素とは何か:富士フイルムとコダックから考える
同じ業種、業態の企業であっても 続いていく会社とそうでない会社があります。 ケーススタディとしてよく挙げられるのが 「富士フイルム」と「コダック」のフイルム事業の事例です。 ビジネススクールでも 「イノベーションのジレンマ」「破壊...

日本企業でどうしてルンバが発売できなかったかの事例について

失敗事例で考える:先入観がイノベーションを阻害する(ルンバの事例から)
「イノベーション」は「技術革新」ではなく、「新結合」と定義されています。 「イノベーション」の本質は「技術の範囲に留まらず」、 「新しい価値を生み出すこと」となります。 「イノベーション」を「技術革新」と捉えてしまうと、 「新しい技...

「ガム」「かつら」「英会話」の3つの業界での脅威の事例について

脅威となる技術の進歩・変化の想定と、既存事業への打撃を考える
「ガムの売上が、スマホの影響で激減している」 という話題について、ネット上でも一時期注目をされていました。 近年は技術が進歩のスピードが早く、 テクノロジーが業界の壁が低くし、結果的にこれまでライバル企業と 想定していなかったような...

電気自動車メーカーのテスラの強さはどこにあるのかについて

テスラの凄さはソフトウェアにある:時価総額でトヨタを追い抜いた理由
先日の記事では、コロナウイルスの影響により、 一時的に人工呼吸器が不足する事態が起こった際、 家電メーカーのダイソンと電気自動車メーカーのテスラが、 非常に早いスピードで開発製造を行ったことについて触れました。 これに付随してテ...

iPhoneの事例で解説する、イノベーティブさを理解することの難しさ

iPhoneのイノベーティブさは、ビル・ゲイツも見抜けなかった
イノベーティブな製品やサービスが、世の中に登場した際に、 どのような価値があるかを評価することは難しいことです。 イノベーティブな製品やサービスはこれまでに ないものであるため、過去の経験による判断が通用しないからです。 今回取り上...

イノベーションを生み出すための企業の制度的取り組み事例

「新規事業、イノベーション」のための企業の施策と事例:週一回出勤禁止
多くの企業では、新規事業について、研究開発担当者の方が中心になって、 取り組むことが行われていると思います。 その際に、企業が、新規事業やイノベーティブな取り組みについて、 促す施策はどのようなものが有効でしょうか。 今回ご紹介する...

古いアイデアを見直して成功した電子タバコと医療用ヒルの事例

過去の新記事事業や新製品を、時代に合わせて見直すことの重要性:『RE:THINK』より
新規事業やイノベーションを進めるに当たって、 かつてのアイデアや過去の失敗が、ヒントとなり、 現在の課題解決にぴったりとマッチして、成功につながるケースがあります。 2018年に観光された書籍『RE:THINK』では 過去のアイデア...

太陽光パネルの利益率の減衰の事例

製品のコモディティ化に対抗し、高い利益率を維持するためのイノベーション
現在、アジア各国の技術的発展に伴い、 日本企業がある段階までグローバルで優位性を保っていた製品や技術について、 短期的にキャッチアップされて、コモディティ化してしまい 世界でのシェアが一気に低下してしまうという状況が起きています。 ...

純水器製造メーカーのビジネスモデル変化対応の事例

「モノ売り」から「サービス化」の視点で「自社の真の価値」を知る
新規事業を検討したり、事業計画を見直す場合などで 自社の強みについて、再認識することは非常に重要です。 自社の強みについては、もちろん自社の社員の方が最もよく理解しているかと思いますが、 一方で、社内から見た場合と社外から見た場合で、...

キーエンスの事例に見る値決めの方法

新しい製品、サービスの値決めは、価値の理解と置き換わる製品、サービスの値段を参考に
新しい価値の製品やサービスを展開する際に、 「いくらで」提供するかの値決めは難しい問題です。 特にイノベーティブな製品、サービスの場合、 直接的に参考となる数字が市場にないため、判断が難しくなります。 そこで、イノベーティブな製品、...

赤城乳業のガリガリ君の事例から見た開発の姿勢

新製品、新サービスの積極的な市場投入の必要性:ガリガリ君の赤城乳業に学ぶ
新規事業開発やイノベーション創出を行うなかで、 これまでの既存事業や既存商品、サービスとは異なるものを あつかう局面が出てきます。 そうした新製品やサービスを市場に出した場合、 イノベーティブであればあるほど、売上や反応の予測は難し...

液晶とプラズマの事例から考える顧客価値の本質

顧客に提供する価値の意味を考え、技術の優位性にこだわらないことの重要性
自社に強みがある技術を活用した製品化の実現は、 多くの企業が日々取り組んでいる課題です。 しかし、類似製品が他社からも販売されており その製品が、自社に強みがある技術以外で実現している場合、 差別化を理由に、自社技術の優位性にばかり...
タイトルとURLをコピーしました