イノベーション

イノベーション

大学との共同研究を進める際の注意点:企業が課題を明示することが必要

近年、多くの企業で大学との共同研究が行われるようになりました。 経済産業省も産官学の共同研究を推進しており、 国として大学という知の集積地を有効活用し、 日本としての価値を生み出したいと考えています。 大学教授は、その道の専門家であ...
2021.06.23
イノベーション

「トレードオフ」の解消はイノベーションの種となり、3つの副次効果を生み出す

2019年にノーベル化学賞受賞された 旭化成名誉フェローの吉野彰さんが ストックホルムで記念講演をされています。 吉野さんはリチウムイオン電池を開発した功績により、 ノーベル賞化学賞を受賞しています。 リチウムイオン電池は、「...
2021.06.23
イノベーション

「企業コンテスト」はイノベーション人材の発掘に使う

新規事業やイノベーション創出のため、 多くの企業で「社内のアイデアコンテスト」が行われています。 しかし、社内のアイデアコンテストを、 新規事業創出目的のために行った場合、 次の章でご紹介する事例のケースをたどることが多く、 成功...
2021.06.23
イノベーション

新規事業、イノベーションを成功に導くオープンイノベーションの使い方

新規事業やイノベーション創出の分野で、 ここ数年「オープンイノベーション」が注目されています。 「オープンイノベーション」は、 ハーバード大学経営大学院教授ヘンリー・チェスブロウによって 2003年に提唱された概念です。 自社...
2021.06.23
アイデア・発想

「限界費用ゼロ」というキーワードでイノベーションを考える

近年、「限界費用ゼロ」というキーワードが着目されるようになりました。 この言葉は、2015年に刊行された 書籍「限界費用ゼロ社会」 によって解説されたものです。 本書の中では、太陽光パネルの社会的な広がりや、IoTの広がりなどに伴い...
2021.06.23
イノベーション

「イノベーション」と「インベンション」の違いを認識する

2019年にノーベル化学賞受賞された 旭化成名誉フェローの吉野彰さんが、 2019年12月11日にストックホルムで記念講演をされました。 吉野さんはリチウムイオン電池を開発した功績により、 ノーベル賞化学賞を受賞しています。 受賞...
2021.06.22
イノベーション

失敗事例で考える:先入観がイノベーションを阻害する(ルンバの事例から)

「イノベーション」は「技術革新」ではなく、「新結合」と定義されています。 「イノベーション」の本質は「技術の範囲に留まらず」、 「新しい価値を生み出すこと」となります。 「イノベーション」を「技術革新」と捉えてしまうと、 「新しい技...
2021.06.22
イノベーション

イノベーションとは:イノベーションは「技術革新」ではなく「新結合」

「イノベーション」という言葉を聞くと、 多くの方が「新技術」「技術革新」と連想されないでしょうか。 しかし、本来のイノベーションという言葉は「新結合」を意味します。 実は、イノベーションは「技術である」という誤解が、 長年、日本企業...
2021.06.22
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました