イノベーション

イノベーション

自動運転の基本的な理解と今後の展望

各企業では、事業計画やロードマップを策定する際に、 少なからず、「未来予測」を行うことがあると思います。 「未来予測」については、かなり情報が揃っていても、 予測が大きく外れる場合があります。 直近では、研究者などの専門家による ...
2021.07.07
イノベーション

事業スピードと製品・事業寿命の観点からの戦略:「ポケモンGO」のシャークフィン

近年、製品やサービスのライフサイクルが短くなる傾向があります。 この傾向は、業界を問わず広がっているため、 戦略策定の際に前提条件として意識していく必要があります。 今回の結論としましては、 製品ライフサイクルの短命化に対応するため...
2021.07.07
イノベーション

ロードマップの基本と2つの活用ポイント

多くの企業で、全社方針やプロジェクトの策定、 新規事業やイノベーションを起こす際に、 ロードマップが活用されているのではないでしょうか。 ロードマップは策定することで、 現在の自社が置かれている状況、環境をどのように理解すれば良いか...
2021.07.06
イノベーション

「イノベーションのジレンマ」を避ける方法

イノベーションというと、「ジレンマ」と連想する方も多いかもしれません。 それほど、クレイトン・クリステンセン教授の「イノベーションのジレンマ」は浸透しました。 日本でも書籍は大ベストセラーとなり、一時期バズワードとして扱われました。 ...
2021.06.24
イノベーション

イノベーションの必要性:「赤の女王仮説」から見える「生き残るためのイノベーション」

既存事業で安定的な成長を持続している企業の場合、 新規事業やイノベーションの経営的な重要度が低いことがあります。 新規事業やイノベーションは、 成功確率が低いため、あえて挑戦する必要はないという考えからです。 しかし、企業の持続的な...
2021.07.07
イノベーション

連続的イノベーションを意識的に起こす:日本企業の強み「連続的イノベーション」を意識する

イノベーションを大きく2つに分けると 「連続的イノベーション」と 「非連続的イノベーション」があります。 「連続的イノベーション」というのは、 既存の製品やサービス(とその背景)で改善や改良を加えるものとなります。 イメージとして...
2021.07.07
イノベーション

創造的破壊となるイノベーション:ウーバーの事例

近年、創造的破壊となるイノベーションの事例が増えています。 その背景には、 技術の進歩のスピードが以前と比べても速くなっていることが挙げられます。 このことは多くのビジネスパーソンが実感されているところではないでしょうか。 また、I...
2021.07.07
イノベーション

イノベーションによる創造的破壊:Airbnb(エアビーアンドビー)の事例

新規事業やイノベーションを創造するに当たり、 「市場の未決の課題」から、出発することが重要であると 多くの方が考えていると思います。 市場の未決の課題が明確になれば、悩んでいる顧客に対して、 解決策を提示することにつながり、 顧客...
2021.07.07
イノベーション

新規事業の創出に向けて「自分の棚卸」で強みを発見する方法:プロフィールシートの活用

新規事業を起こしたり、イノベーションを創出する際に、 市場の課題について、自分なりの気付きや問題意識から スタートするのは、有効は進め方です。 しかし、そもそも市場の課題について、 自分が気付きや、問題意識がすぐに思い当たらないとい...
2021.07.07
イノベーション

オープンイノベーション施設とお勧めの見学先

現在、B2B企業の多くで、 マーケティング的な取り組みの一環として、 オープンイノベーション施設を開設しています。 オープンイノベーション施設では、 自社の製品や素材を陳列し、パネルの説明とともに それらの特徴について顧客に理解し...
2021.07.07
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました