経営

経営

多くの専門家が起こる可能性が高いと同意した「2022年のグローバル予測」

2022年がスタートし1月も15日を超えました。 民間シンクタンクでやメディカからは、昨年あたりから恒例となる 2022年の予想が発表されています。 日本における2022年の現状の延長線からの予想は下記で まとめたようなものとなり、...
未来予測

イーロン・マスクの今後の事業の方向性と将来像

イーロン・マスクが「お気に入りのアニメリスト」 をツイッターで公開しました。 どのようなアニメに関心があるのか、 それだけでも興味深いところですが、 ここから、イーロン・マスクが今後の事業について、 どのような方向を目指しているか...
2021.11.03
人事

大退職時代(グレート・レジグネーション)に向けた企業の働きやすさ改革を「今」行う必要性

大退職時代(グレート・レジグネーション)時代の到来 2021年秋頃から、特にアメリカで 退職を考える人が増えている という調査結果が次々と発表されています。 たとえば、米国労働局発表の求人異動調査では、 自発的に会社を退職した労働...
経営

インフレが起こるとどうなるかを直感的に理解する

このところ、日本においても 様々な製品、サービスが値上がりしています。 上記の記事では2021年10月から 植物油、砂糖、小麦粉 (他の記事では、加工油≒マーガリン、ラード、大豆、 そば、コーヒー、大豆、酒類、缶詰が指摘されて...
2021.11.03
人事

社員の「燃え尽き症候群」を防ぐために「一週間の全社休業」を実施した企業事例

コロナ禍の企業への影響はまだまだ大きいようです。 経済活動のストップにより影響を経済的にダメージ受けている企業も多くあるかと思いますが、 働く社員の立場としても 今回のコロナ禍により、環境変化は大きな負担となっています。 こうしたな...
2021.11.03
事業戦略

基幹システムの刷新に伴う「2025年の崖」問題の深刻さと対応策

企業の基幹システムについて、 グローバル競争のなかでDX対応ができる新システムへの刷新と DXに伴う社内のビジネスモデルの見直しが 大きな課題となっています。 基幹システムの刷新がうまく行われず、 ビジネスのスタイルが旧来のままと...
事業戦略

スエズ運河の座礁事故から学ぶスラック・レジリエンスの重要性

2021年3月23日、エジプトのスエズ運河において コンテナ船の座礁事故が起こり、一時通航が全面停止しました。 (冒頭の写真は、スエズ運河とスエズ運河橋です) 幸い事故から6日後となる 3月29日には コンテナ船の離礁が成功し、 ...
2021.04.16
ポストコロナ

新型コロナウイルスによる景気影響とパラダイムシフト

疫病は、何につながるか 今回の新型コロナウイルスの影響について、 過去の大規模な疫病「ペスト」「スペイン風邪」と よく比較されています。 現代の新型コロナウイルスとペストやスペイン風邪では 時代背景が異なるため単純な比較はでき...
2021.07.09
ポストコロナ

レジリエンス、スラックを経営に組み込む際のポイント

前回はコロナウイルスの影響から見えてきた 「グローバルサプライチェーンの脆弱」さを述べました。 今後の経営課題としてレジリエンスやスラックといった、 何らかの問題に対応できる「柔軟性」「余裕」といったものを サプライチェーンなど...
2021.07.09
ポストコロナ

ポストコロナ時代の経営課題:サプライチェーンにおける「レジリエンス、スラック>経営効率」

新型コロナウイルスの影響により見えてきた企業の課題として、 「グローバルサプライチェーンが考えられていた以上に脆弱であった」 というものがあります。 特に製造業においては、部品の多くが中国に依存していたため、 今回、武漢周辺の工場が...
2021.07.08
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました