経済動向

経済動向

肥料価格の値上がりの影響による農作物の流通量減少は2022年秋から本格化する

世界的な肥料不足の問題が深刻になっています。 世界の肥料の状況については以前の記事でまとめました。 日本では2021年5月31日の報道で、 JAが地方組織に6~10月に販売する肥料について、 値上げすると発表しています。 ...
2022.06.09
経済動向

世界的な肥料不足による農業危機が、日本にも迫っている

現在、グローバル規模で食糧不足が発生する可能性が 高くなっています。 付随して日本の食料自給率が低い点などについてもこれまで 本ブログでは述べてきました。 2022年5月19日段階において、 国連のグテーレス事務総長が、 ロ...
2022.06.10
経済動向

白物家電など半導体関連の製品安定供給は2024年以降の可能性。購入検討中の方は早めの対応を。

現在、日本においては、給湯器、エコキュート、 ウオシュレット、食洗機、エアコン、白物家電の在庫 が不足している状況です。 こうした製品の品薄状態がいつまで続くかという点については、 私自身2022年の夏頃までには収束するのではなない...
経済動向

日本において計画停電は起こるか? 世界の状況と日本政府の意向

2022年5月30日に「ウォールストリートジャーナル」では 次の社説が掲載されています。 【社説】米計画停電の夏に備えを グリーンエネルギー政策で送電網の不安定さ増す この記事からは米国では現在、グリーンエネルギーの推進によ...
経済動向

食糧危機の広がりと日本における自給率の低さの問題、そして備え

ロシア・ウクライナ問題の長期化しています。 それのより、世界的に食料価格の高騰が続いています。 本ブログでは、食料価格高騰について述べてきました。 振り返りとなりますが、食料価格の高騰の背景については ロシアとウクライナの両国が...
経済動向

グローバルで甚大な食糧危機が生じる可能性が高い。各家庭でも備えが必要

2022年の2月中旬頃まで、本ブログでは 新型コロナウイルスの影響により 物流が滞り、エネルギー、素材、部品の価格が 上がっていることについてクローズアップしてきました。 ところが、2月24日起きた ロシア・ウクライナ問題の影響に...
2022.06.10
経済動向

円安が急速に進み、コモディティ価格が上昇するなかで「生き残り策」を考える必要性

世の中の動きが早く、またこれまでに経験したことがないような 状況も起きており、なかなか更新ができず申し訳ありません。 さて、3月28日にドル円が一時1ドル125円となったことを 以前の記事でご紹介いたしました。 現在4月22日で...
経済動向

インフレが本格化する今、企業そして個人は何をすべきか

3月28日にドル円が一時1ドル125円となりました。 日銀が指値オペを実施を発表したことで、 世界各国で、日本が円安ドル高の方向性を打ち出した と捉えられています。 日本は国全体としては たとえば自動車などの輸出でお金を稼いでいる...
生き方

ロシアのウクライナ侵攻が日本に与える影響。企業や個人は今何をすべきか

ロシアのウクライナ侵攻が、世界経済に大きな影響を与えています。 日本での影響としては 鮭、うに、いくら、めんたいこといった海産物が、 高騰につながっています。 国産のカニの仕入れ値はロシア産のものが 2月中旬との比較で、3月8日に...
経済動向

小売品の値上げラッシュが続き、飲食店でも値上げ。そしてその先に起こること

昨年からグローバルではインフレが起きています。 アメリカやヨーロッパ、アジアでも、 多くの製品、サービス価格が一斉に上昇しています。 アメリカの12月消費者物価指数は 7.0%上昇し、 1982年6月以来およそ39年ぶりの高い水準...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました