老眼による視力低下を改善する目薬登場。米食品医薬品局(FDA)で承認される

スキャニング・スキャニングマテリアル

私自身も40歳頃から、細かい文字が見えにくくなり
老眼の症状が現れてきました。

老眼は個人差はあるようですが、どなたも
いずれ現れ始め、年を追うごとに進行していくようです。

老眼というと、老眼鏡やコンタクトレンズの使用が一般的でした。

近年では、100円ショップでも老眼鏡が販売されていますが、
それだけ、老眼の方が増えているということでもあると思います。

一方で、老眼を改善する治療薬の開発も進められており、
このほど、老眼用の目薬が米食品医薬品局(FDA)で承認されました。

2021年11月21日「カラパイア」より

老眼による視力低下を改善する点眼薬がアメリカで承認される : カラパイア
 個人差はあるが40歳前後から現れ始め、「老眼」は、近くの物が見えにくくなる目の老化現象である。誰でもいつかは訪れ、年を追うごとに進行していく。 これまでは老眼鏡やコンタクトなどが一般的だったが、近年、老眼を改善する治療薬の開発が進められており、

承認されたのは
「VUITY(ピロカルピン塩酸塩点眼液1.25%)」

1日1回の投与で最大6時間効果が持続するということです。

目にたらすと涙のpHに速やかに馴染んで、
瞳孔の大きさが縮小し、遠くを見る力を邪魔することなく
近くと中間を見る視力の改善が期待できるとのこと。

「軽度から中度の老眼」に有効で、
点眼から15分ほどで効果が現れるそうです。

「VUITY」は、
すでに緑内障の治療薬として使用されている
「ピロカルピン(pilocarpine)」を
独自の技術で老眼に最適化したものとのこと。

ちなみに、「ピロカルピン」というのは、
縮瞳薬となります。

医療用医薬品 : サンピロ (サンピロ点眼液0.5% 他)
緑内障治療点眼剤; 総称名:サンピロ; 一般名:ピロカルピン塩酸塩; 販売名:サンピロ点眼液0.5%, サンピロ点眼液1%, サンピロ点眼液2%, サンピロ点眼液3%, サンピロ点眼液4%; 製造会社:参天製薬

そのため、
個人的な印象としては、目を細めた時や
ピンホールメガネを使ったときのような見え方と
なると思われます。

開発したのは、アッヴィ社傘下のアラガン社。

アッヴィ社は米国に本社を置く、
グローバルな研究開発型のバイオ医薬品企業で、
自己免疫疾患、肝疾患、神経疾患、がんの各領域に強みがあり、
日本にも支社があります。

「VUITY」は、日本ではまだ承認をされていませんが、
「ピロカルピン」そのものは、
眼圧を下げる効果があることから、
日本でも緑内障治療薬として保険適用されていますので、
スムーズな承認が期待されます。

老眼の方にとって、メガネやコンタクト以外の
選択肢が増えることが非常に喜ばしいことではないでしょうか。

未来洞察の手法としての「スキャニング」の基本(1)
多くの企業では、将来的な変化を推測したり、 確からしい事実に基づいて、 自社の戦略や、新規事業のテーマ策定を行っています。 こうした将来的な変化の予測については、 メディアや専門家が「こうなるであろう」と 解説したものを活用するこ...

最近下記の小林製薬さんのブルーベリーのサプリを使い始めました。
目の疲れが軽減される体感があります。ご関心のある方は是非調べていただければと思います。

 
 
タイトルとURLをコピーしました