心電図の常時計測が可能な未来を拓く皮膚貼り付け型電極登場

スキャニング・スキャニングマテリアル

ある一定以上の年齢を越えると
心臓の働きに不安を持つ方も多いようです。

私自身も、不整脈があり、
簡易型の心電図測定器を使っていたことがありましたが、
医師からは「具合が悪くなったら使って記録してください」
との指示。

借りていた一週間では、具合が悪くなることもなく、
機器を返却したという経験があります。

本記事では、日常生活を送りながら、
長期計測が可能になることが示されており、
是非一刻も早い実装をお願いしたいと思います。

世界最軽量、最薄の皮膚貼り付け電極で連続1週間の心電測定に成功

(以下転載)
2021年09月17日 「MONOIST」より

世界最軽量、最薄の皮膚貼り付け電極で連続1週間の心電測定に成功
東京大学は、世界最軽量かつ最薄の皮膚貼り付け電極を開発し、皮膚に1週間、電極を貼り付けて、高精度に心電図を測定することに成功した。粘着剤を使わずに皮膚へ貼り付けるため、皮膚への負担を低減できる。

東京大学は2021年9月7日、
世界最軽量かつ最薄の皮膚貼り付け電極を開発したと発表した。

皮膚に1週間、電極を貼り付けて、
高精度に心電図を測定することに成功。

皮膚炎症の原因となりやすい粘着剤は使用しないため、
皮膚への負担を低減できる。

皮膚貼り付け電極は、100nm以下の極薄性、高耐久性、
高粘着性、通気性を兼ね備えた伸縮性ナノシート上に、
薄膜金を形成することで作製した。

水蒸気透過性が高く、通常の皮膚呼吸が可能で、
汗による炎症や蒸れを防止する。粘着剤を使わずに
シートの引力のみで皮膚に密着するため、
装着時の皮膚への負荷を低減できる。

ナノシートは、薄いジメチルポリシロキサン(シリコーンゴム)
を数層のポリウレタンナノファイバーで強化。

また、ドライ電極のため、
皮膚の伸縮や日常生活でのこすりなどに対して、
高い機械耐久性を備える。

従来の皮膚貼り付け電極はゲル電極のため、
1日以上経過すると乾燥し、
貼り付け直後と同等の精度で計測できなかった。

今回開発した電極は、貼り付け直後と
1週間後で同等の信号を計測できる。

日常生活を送りながら健康状態の長期的な計測が可能になるため、
病気や体調不良を早期発見するための
ウェアラブルデバイスへの応用が期待される。

注目した点

心電図の計測について、
ウェアラブルデバイスとして、
アップルウオッチで簡易的な診断ができますが、
指でアップルウオッチの周囲を触っておく必要があります。

Apple Watchの「心電図」Appで心電図を記録する
Apple Watch Series 4以降には電子式心拍数センサーが内蔵されており、「心電図」Appと組み合わせることで、心電図を計測できます。

今回ご紹介した記事からは、日常生活を送りながら、
心電図が長期的に計測できる未来が見えてきます。

日常生活のなかでの長期計測ができれば、
「何が不規則な心電図につながるのか」も
見えてくるかと思われます。

特に不整脈はどのような要因で起こるかが
本人が自覚することで、防ぐことにつながります。

こうしたデバイスが普及すれば、
その先の「緊急時の通報」などにもつながり、
多くの方の命を救う可能性が高くなります。

今後、ウェアラブルデバイスの開発も進みますが、
それだけではなく、その後へのつながりの仕組みなどの
ところで、さらなる展開が期待されます。

未来洞察の手法としての「スキャニング」の基本(1)
多くの企業では、将来的な変化を推測したり、 確からしい事実に基づいて、 自社の戦略や、新規事業のテーマ策定を行っています。 こうした将来的な変化の予測については、 メディアや専門家が「こうなるであろう」と 解説したものを活用するこ...
タイトルとURLをコピーしました